愛するイー&フレンズとの徒然日記


by honeycake54

イーとパグ

実は2週間ほど前に歯を抜いて、今週まで痛くて動けませんでした。

昨日は抜歯後の歯茎の痛みも落ちついて来たのと
リフレッシュしたい気持ちがいっぱいで、イーと富士サファリパークへ出かけました。
何度も来ているのにサファリパークに来ると私はもう楽しみで仕方ありません!

昨日は赤ちゃんが産まれそうなシマウマちゃんがいました。
それはもう大きなお腹をかかえて、道の真ん中に「ドーン」と立っていました。
私はどうしてもそのシマウマをずっと見ていたくて
車を先に動かそうとするイーに「待って!!!もう少し!」と粘っていましたが
イーも後から続々と来るお客さんに(一頭のシマウマのためだけに)
迷惑がかかるのも嫌みたいだったので泣く泣く先に進みました。
あのシマウマ、赤ちゃんが産まれたのではないかと今も気になっています。

シマウマなどの野生の馬の赤ちゃんは、生後すぐ歩いたり走ったりするんですよね。
生後は他の捕食者に狙われやすいため、彼らは自分の身を守るために
へその緒が付いた状態で早くも楽しそうに走ります。
昨日もそんな姿を実際に見れたかも(?)しれませんが
サファリパークなのでもしかしたらお産の近い動物は囲いの中で
出産するはずだよーとイーに説得されました…。
(そりゃあそうですよね、よく考えれば)


サファリパークは雪が残っていて、私たちは久々に雪合戦なんかしちゃいました070.gif

そして私が一番楽しみにしている「犬の館」へ!!
行かれたことのある方もご存知だと思いますが
ここには小型犬から中型犬まで何十匹のワンちゃんたちがいます。
もう私はいつもこれが楽しみなんです!!

体調を悪くしてから、精神衛生のためにお医者さんに何度か
ペットを飼うのもいいかもしれないよと薦められていましたが
飼うことのできない環境に住んでいるため
ここで人懐こいワンちゃんたちと触れ合えることは私にとって生きがいです。
毎回、いつもこの「犬の館」はとても混雑しているのですが
昨日は雪と寒さのためか全体的にも来園者は少なめで
今回は時間のローテンションを気にすることなくゆっくりと触れ合いを楽しめました。

ワンちゃんたちは大きな館内に放し飼いにされています。
壁に沿って椅子が取り付けてあって、そこに座ると犬が寄ってきます。
無理に触ろうとすると逃げてしまうことに前回気がついたので
今回もいささか「気のないふり」をしてボーと座ると彼らから寄ってきて
膝の上に座ってくれます。このときがたまらないんです!!!
顔を見て鼻をクンクン鳴らしながら「お願い、だっこしてぇ~」という感じで甘えてくるのです!!!

昨日私の膝に乗ってきてくれたのは、ミニダックスフンドでした。
飼育員さんに聞くと、彼女はとっても寒がりで、
ダウンコートなどを着ている「暖かそうな格好をしている人」を見つけると
乗ってきて、ずーっとだっこされているとのことでした。
(なんだぁ、BBのことをスピリチュアル的に気にってくれたと思ってたのにー007.gif
でも可愛いので乗ってきてくれるだけで嬉しいです。
そしてミニダックスをだっこしている私の横に
ちょっと怖がりなビーグル(ビーグルは私のフェバリットドッグです)が
ピタっと静かに寄り添ってくれていました。

イーの膝に乗って来てくれたのは、パグでした。
気が付いたのですが、実は前回もイーの膝にパグが来たのでした。
イーはもちろん喜んでパグちゃんをだっこしていましたが
だんだんその体勢が疲れてきたのか
「ねえBB、まだハグしたい?ちょっと動きたいんだけど…」と言ってきました。
「まだ居たいよ。こんなにだっこできるなんて幸せ」と私。
イーはかなり動きたかったらしく、パグちゃんにごめんねを言いながら
膝から降ろそうとするのですが、パグちゃんはそれを拒否(笑)
降ろされまいと必死に足を踏ん張って抵抗するのです!!
それを見ていたらなんだかすごくパグが可愛くなってしまいました。
前回もイーのところにパグが来たので
イーはパグという犬種ともしかしたら相性がいいのかもしれません。
もしいつか犬を飼うことができるのならイーとペットの事を考えて
パグがいいなぁなんて思いました。

サファリパークはおススメです。
あんな寒い日にあんなに楽しい経験ができて昨日はとても楽しい日でした!!
[PR]
by honeycake54 | 2008-02-03 15:00