愛するイー&フレンズとの徒然日記


by honeycake54

久々の外食!!!バレンタインズ・デイ その2

食事も後半になったところで、私たちはお互いにカードを交換しました。
クリスマスやバレンタインズデイにはこうして
ちょっとしたことを書いて送りあうことにしています。
今回はバレンタインズデイ用のカードを購入できなかった私は
箪笥の中にしまってあった「Thank you」のカードしかなくて
それに心を込めてイーにメッセージを書きました。

いつもイーがそばにいてくれること、
それがどんなにありがたいことかということ。
B.B.の幸せはイーと一緒にいれること、
そしてイーの幸せが私の幸せだとも書き、
イーが私のために一生懸命働いてくれるから
B.B.が病院で治療を受けてゆっくり過ごすことができるということなど
心からの感謝の気持ちを書いて渡しました。

イーはそれを読んでちょっと感動してくれたみたいです。
「Thank you のカードしかなかったからごめんね」と言う私に
イーは「いいよ、いいよ、嬉しいよ」と。
そしてイーも小さなカードをポケットからそっと出して私に手渡してくれました。
赤い封筒で、なんだかもの凄い小さいので可愛くて…。
カードと一緒にキティちゃんのヘアゴム(?)みたいなのが入っていて
最初「何だこれ?」と可愛くて不思議に思って手に取って見ていました。

そしてカードを手に取って見てみました。
表紙には「いつも笑顔でいられるのは」と書いてあり、
中を開けるとそこには「あなたがいてくれるから!」と書いてあるではありませんか!!
なんて素敵なんだろうと思いました。
そしてイーの手書きで、彼のメッセージが英語で書いてあり、

何と一番下には

「結婚してください」の文字が。

あまりに驚いてびっくりして呆然としていると
イーは突然椅子から立ち上がり私の前まで来てひざまずきました。
そして、そのキティちゃんのヘアゴムを手にしながら
私は彼からプロポーズを受けました。

一瞬のことで、最初、何が何だか分かりませんでした。
でもイーがそのヘアゴムを私の薬指に付けようとしてくれた瞬間
感動で涙があふれ出てしまって、もう泣かずにはいられませんでした。

私はまず自分を落ち着かせながら、ゆっくりとかみしめるように
また自分に言い聞かせるように、
イーに「Yes, I will」と応えました。


私は本当に幸せで、大切にされてもらっているんだと改めて思いました。
男の人にこんなに大切にされるなんてあまり慣れていないので
イーの演出や優しさにいつもびっくりしてしまうB.B.です。
これからも、イーを陰で支えて、縁の下の力持ちになれるように
自分も磨きながらイーに尽くして生きていきたいと心から思っています。

私が泣くから、イーも目が若干潤んでいました。
私はイーが泣いたのを見たことがありません、いや、一度大きな喧嘩をして
イーを泣かせてしまったことがあったような…
(ごめんね、イー)

ラ・ポンシュの奥様がデザートを運んで来て下さって、
チョコレートのケーキにスパークリングの花火を付けてくれました。
パチパチと燃える火花を見ながらイーと手に手を取りながら
私の頭の中には彼と過ごしたたくさんの思い出が鮮明に蘇ってきました。
初めて出会った日のこと、一緒にドライブしたこと、喧嘩した日、
私が入院したときにイーが白いバラを持ってきてくれてずっと一緒にいてくれた夜のこと、
映画を見て一緒に大爆笑したときのこと、何でもない日に二人で踊ったこと、
イーが私の祖父母の眠るお墓の前でB.B.をお嫁さんにしたいと
突然かしこまって挨拶し始めたことなど…
そしてイーと今まで二人で励ましあってこれたことを
神様に心から感謝しました。

奥様に心からお礼を伝えて、お店を後にして帰りました。
家に着くとイーが「B.B.ちょっと待ってて!2・3分でいいから車の中にいて!」というので
また何か演出をしてくれるのだろうと思って5分ほどしてから玄関の扉を開けると、

そこにはキャンドルに火が燈らせてあり、白ワインのボトルと
チョコレートの箱がテーブルの上に置いてありました。
何から何まで素敵です。うっとりしました。
そして二人でワインで乾杯してその日はあまり語らずに
静かでゆっくりとした時間を二人で過ごしました。

B.B.の左手の薬指には今でもキティちゃんがうれしそうに笑っています。
[PR]
by honeycake54 | 2008-02-19 14:10 | イー