愛するイー&フレンズとの徒然日記


by honeycake54

ミシェルとのお別れ・・・その3

水曜日、先生から連絡があり、やはりミシェルを取り戻すことは無理という事になりました。

月曜日、火曜日、待っていることはとても辛い時間でした。
先生からご連絡を頂いてから、やっぱりとても泣きましたが
胸のつかえが取れたような気がしました。

それは、火曜日の明け方くらいでしょうか。
不思議な夢、というか出来事があったんです。

夢でミシェルが顔に前足を当てながら


「B.B.ちゃん、
私を拾ってめんどうを見てくれて
本当に本当にありがとう。
b.b.から始めてビスケットもらったとき、
すごく嬉しかったよ。
これからもずっと大好きだよ、
いつまでも忘れないよ、みゃぁ」


と、私に話しかけてくれたんです。

すると、私の背中に何か小さな者が上に乗っている感覚があってすごく暖かいんです。
そして猫が喉を鳴らす「グーグー」という音が耳元に聞こえてきました。

私もとっさに
「みいくん、私もみいくんと過した時間、ずっと忘れないよ。幸せになってね。
ずっとずっと大好きだよ」
と答えると、グーグー鳴る音がしばらく続いたあと小さくなって
ふわっと、ミシェルの香りが一瞬しました。
そして私はすごく穏やかな気持ちになって眠りに戻りました。

そしてその朝9時過ぎ、獣医の先生から電話があり、
私はミシェルの幸せをこれからずっと祈っていこうと決めました。
でもそれと同時に、この寂しいというシンプルな気持ちも大切にしようと思います。

私とイーは、始め、ミシェルを幸せにすることを目的に奮闘してきましたが
結局はミシェルが私達を幸せにしてくれたことに気がつきました。
取り戻したいという気持ちで行動に出てしまったことを後悔しましたが
それだけ自分がミシェルを大好きだったからだと、
もう取り戻したいという気持ちではなく、
ミシェルと出会い、今も彼女が新しい環境で幸せでいる事を感謝して
これからはそれがいいお花の香りをかぐような気持ちで思い出せるようになりたいと思います。


ミシェル、
短い間だったけど
私達と過してくれて本当にありがとう!!
いつまでも大好きだよ!!!!!



d0153390_16356100.jpg

[PR]
by honeycake54 | 2008-10-24 16:34