愛するイー&フレンズとの徒然日記


by honeycake54

カテゴリ:未分類( 7 )

水曜日、先生から連絡があり、やはりミシェルを取り戻すことは無理という事になりました。

月曜日、火曜日、待っていることはとても辛い時間でした。
先生からご連絡を頂いてから、やっぱりとても泣きましたが
胸のつかえが取れたような気がしました。

それは、火曜日の明け方くらいでしょうか。
不思議な夢、というか出来事があったんです。

夢でミシェルが顔に前足を当てながら


「B.B.ちゃん、
私を拾ってめんどうを見てくれて
本当に本当にありがとう。
b.b.から始めてビスケットもらったとき、
すごく嬉しかったよ。
これからもずっと大好きだよ、
いつまでも忘れないよ、みゃぁ」


と、私に話しかけてくれたんです。

すると、私の背中に何か小さな者が上に乗っている感覚があってすごく暖かいんです。
そして猫が喉を鳴らす「グーグー」という音が耳元に聞こえてきました。

私もとっさに
「みいくん、私もみいくんと過した時間、ずっと忘れないよ。幸せになってね。
ずっとずっと大好きだよ」
と答えると、グーグー鳴る音がしばらく続いたあと小さくなって
ふわっと、ミシェルの香りが一瞬しました。
そして私はすごく穏やかな気持ちになって眠りに戻りました。

そしてその朝9時過ぎ、獣医の先生から電話があり、
私はミシェルの幸せをこれからずっと祈っていこうと決めました。
でもそれと同時に、この寂しいというシンプルな気持ちも大切にしようと思います。

私とイーは、始め、ミシェルを幸せにすることを目的に奮闘してきましたが
結局はミシェルが私達を幸せにしてくれたことに気がつきました。
取り戻したいという気持ちで行動に出てしまったことを後悔しましたが
それだけ自分がミシェルを大好きだったからだと、
もう取り戻したいという気持ちではなく、
ミシェルと出会い、今も彼女が新しい環境で幸せでいる事を感謝して
これからはそれがいいお花の香りをかぐような気持ちで思い出せるようになりたいと思います。


ミシェル、
短い間だったけど
私達と過してくれて本当にありがとう!!
いつまでも大好きだよ!!!!!



d0153390_16356100.jpg

[PR]
by honeycake54 | 2008-10-24 16:34
ミシェルをAさんにお渡しして、私はあまりの寂しさに車に戻る途中
歩きながら泣いてしまいました。
イーと車に戻ると、イーが目を腕でこすりながら
「なんでだろう?こんな気持ちになるの始めてだよ」と言って
イーも涙をぽろぽろ溢して泣いているんです。
私はイーが泣いたところなんて今まで見たことがないし
決して泣かない人→イーは「男は涙なんか見せちゃいけない」という感じの人なので
それだけイーにとってもミシェルは特別な存在だったんだなぁと思いました。
二人して車の中で抱きあい、子供のように声を上げて泣きました。

d0153390_165734.jpg


帰る途中もぐずぐず泣いて、帰宅してからも涙が止まりません。
帰宅後、すぐにミシェルの使っていたもの全てを二人して無言で泣きながら片付けて
片付けが終わったらまた無言で二人でベッドに横になりました。
そして、しばらく無言。
そしてまた寂しいねと言いながら二人で号泣。
少なくとも、このアパートでは飼えなかったわけだし、
幸いにもいい飼い主さんに引き取られ、新しい家族に入れてもらえて
私が留守のときも寂しい思いをせずにお兄ちゃん猫たちに遊んでもらえる、
Aさんは猫の扱いにも慣れている人だし、もらわれるチャンスの低い猫を
あえて引き取ってくれたんだから
今は二人辛いけど、ミシェルにとっては自分達はとてもいいことをしたんだと
お互いにそんなことを話しながら納得できる糸口を掴む時間が必要でした。

でも私は寂しくて寂しくて、心にぽっかり穴が開いたようでした。
こんなに辛い気持ちになるなら
最初から里親を探すなんてしなければよかった、
借金してでもペット可の住宅に引っ越せばよかった、
もしかしたら今ミシェルはすごく寂しがっているんじゃないか等々
心が悶々として葛藤が収まらず、日曜日は眠れない夜を過しました。

次の日の月曜日、里親会を開いた獣医師会の一員である
ミシェルのかかりつけだった獣医さんを訪ねて
ミシェルをもう一度手元に取り戻せないかとお願いしに行きました。

先生と看護師さんは私の気持ちをすごく分かってくれてお話を聞いて下さいましたが
このようなケースは今までになく前例がないこと、
先生の独断では決められないので獣医師会の会議で相談して下さるということでした。
里親が見つかることはとてもラッキーなことなのに
私はとても理不尽な事を言っている、でも寂しくてしようがないと先生に伝えました。
Aさんが申し出てきてくれたとき、里親会が終了した時点だったので
私もイーもミシェルを手元で育てようという気持ちが芽生えた直後だったこと、
手放すときに心の迷いが出てしまって今は辛い気持ちでいる事も伝えました。
でもやはり、会で行っていることと、
またAさんの猫ちゃんたちとミシェルとの兼ね合いもあることから
手元に戻すのは難しいだろうと思うと先生。
そして水曜日に会議があるので先生が獣医師会に相談して下さって
水曜日以降に連絡を頂くということで私は帰ってきました。
d0153390_1653061.jpg

[PR]
by honeycake54 | 2008-10-24 16:05
先日の19日に隣町で行われた「子犬・子猫の幸せ探し」に行ってきました。
朝からミシェルは何となく私達の雰囲気が違ったせいかソワソワしていました。
ミシェルと、イーと三人で最後の朝ごはんを食べて、
三人でベッドで川の字になって色々なことを語り合いました。
始めてみい(ミシェル)と出会った日の夜のこと、みいがビスケットを怒りながら食べたこと、
始めて獣医さんに行って緊張したこと、テディ(私のぬいぐるみ)と遊んで
いつもキックしていじめてたこと(笑)、私が帰宅すると必ずキッチンの机の下で
「おかえりー」って待っていてくれて私は帰宅するたびにとてもとても嬉しかったこと。

そしてみいに赤いリボンを巻いて、みいの大好きなブランケットの上で
お別れの写真を撮りました。
写真を撮りながら涙が止まらない私。イーも寂しそうでした。

里親会に到着して受付を済ませ、みいは女の子なので赤いリボンをもらいました。
みいくんの番号は「1401」番。

会にはたくさんの子猫ちゃん・子犬ちゃん達が来ていました。
そして里親になることを希望しているたくさんの人たちも。
会はなごやかな雰囲気で始まりました。
里子に出す方、里親になりたい方同士それぞれ談話しながら会は進みます。
そして最後、会の終わりに里親希望の方が希望の子犬・子猫の首の番号を紙に書いて
受付に出します。

私とイーは、色々な人たちとお話しました。
でもみいは生後三ヶ月で他の赤ちゃん猫に比べて大きめ、
それに、たくさんの人が集まる場所に始めて出たこともあって
ブルブル震えていてリードを付けて地面に降ろしても歩くこともできず
じっと固まってしまいます。
他の子猫ちゃんたちは、赤ちゃん猫ということもあって
ミイミイ鳴いていたり、活発に動き回っていて、それはそれは可愛いくてアピール上手。
ほとんどの人たちはそんな赤ちゃん猫達を抱っこしたり撫でたりして
みいくんは殆どどの人からも興味を持ってもらえずに私も複雑な心境でした。

でもある方が他の猫ちゃん達を見ているとき、
ふと、みいくんがその方の所へ寄っていったんです。
その方(Aさん)がみいくんを抱き上げてくれて
ミシェルはAさんの膝の上で静かに座りこみ、しばらく抱っこしてもらっていたら
震えが止まりました。
Aさんとお話をすると、Aさんはお宅でオスの猫ちゃん2匹を飼っていらっしゃるそう。
そしてあと1匹飼いたくて、三匹目は女の子を迎えたいとのことで
今回の里親会にいらっしゃったそうです。
Aさんと、たくさんの話をしました。猫ちゃんがどんなに可愛いか、
ミシェルをどんな形で保護したのか、Aさんのお宅の猫ちゃんのお話、
そして保健所の動物達がどんな苦しい思いをして
最後を向えるのかもお話しました。
Aさん宅の猫ちゃんたちも、元々は捨てられたり、野良だったりしたそうで
保健所で不幸な結末を迎えるところだったそうです。
私は「今回ミシェルの里親さんが決まらなかったら主人とミシェルを育てようね!!」って
決めているんですよともお話しました。


そんなお話をしながらも、会は進んでいき終了の時間になりました。

番号が呼ばれ、新しい家族が決まっていく猫ちゃんワンちゃん。
みいの名前は呼ばれませんでした。
そして里親会は終了しました。

イーと、みいと、私と三人、じゃあお家に帰ろうかと言っていたとき
先ほどのAさんが話しかけてきてくれました。
私達の横には、三姉妹の子猫ちゃん(二匹は里親が決まりました)のうちの
1匹を抱っこしている女性が立っていたんですが
Aさんは、その子猫ちゃんと、みいくんをそれぞれ抱っこしたあと
「ずっと悩んでいたんです。もらわれる確立の低い子にします」とおっしゃり
「じゃあ、おうちに帰ろうか?そうする?」と、ミシェルに話しかけてくれて
「この子、大切に育てます。いただいて帰ります」と言ってくれました。
正直、里親会が終了したとき、私達の心の中で
ミシェルとずっとこれからも一緒なんだと思う気持ちが芽生えていました。
Aさんに、この子をもらいますと言われたとき
私はこみ上げてきたものがこらえ切れずに号泣してしまいました。
ミシェルに新しい家族が決まった事の嬉しさと同時に寂しさ。
あんなに寂しい気持ちは経験したことのないものでした。
Aさんに「最後に抱っこしますか?」と言われ、私は泣きながらミシェルを抱きました。
そしてミシェルはAさんが持ってきたケージに入り巣立っていきました。
d0153390_15191850.jpg
d0153390_15195284.jpg
d0153390_1520411.jpg

[PR]
by honeycake54 | 2008-10-24 15:14

アイリスのキルト

ご縁があり、ショップのスタッフとして短期間ですがお勤めさせて頂いたキルトショップで、
私はハワイアンキルトに出会いました。

(母の友人であり私の恩師でもある先生、全てを一から、優しく、時には厳しく教えて頂いたお陰でこうしてキルトができることを感謝します。)




キルトは世界で色々な形で縫われていますが、私はこのハワイ風のキルトが大好きです。
たたんだ布をカットし、ハワイの動植物の形をパターンにして切った布をアップリケ、キルト芯という薄い綿とを重ねてチクチク縫って(キルトして)いくものなのですが、とっても奥が深いです。
(ハワイアンキルトをされている方でしたらお分かりですよね??043.gif

初めてハワイアンキルトを間近で見たときの感動を今も覚えています。
もともと裁縫が好きだったので、
それまではただ布を縫って簡単な物を作ったりビーズで刺繍をしたりしていましたが、
8方向に広げて一つの布からデザインを作るということにとても感動しました。



そして本当に心から思うのは

キルトに出会えたこと、キルトの素晴らしさを教えて下さった先生がいること、
その先生と母が友人であったこと、私が母の娘であったこと、
キルトに出会えて、物の大切さに気が付いたこと(布や糸や針など)
そして少なくとも、痛さやめまいで起き上がれないときもあるけれど
色々考えたり没頭しながらキルトができる環境でいられること、
その環境で今こうして私がキルトできるのはイーのおかげだということ…

…感謝したいことが山ほどあって、数え上げたら限がありません。

私の今までの経験したことが一つでも無かったら、キルトとは出会わなかっただろうし、
すべての今までの物事は今の物事に連鎖しているんだと
キルトをしながらすごーーーく哲学的なことなんか考えちゃいます。

親友や大切な人に感謝の気持ちとして、キルトを作って贈ることにしています。
(と言ってもまだ作って渡したのは、クッションカバーでイーのママ用の2枚、
同じくクッションカバーを親友のMへ2枚、母へのタペストリー1枚ですが…)
そしてキルトを贈ることができる人と今後出会えるかもしれないと思うと
とても楽しみな気持ちになります。
まだまだ初心者なので全ての作業が終わるのにとてつもなく時間がかかるのですが
手作り好きな私なので、その時間も楽しんでいこうと思っています。
(でも上手くできないときは、それはもうイライラして大変ですが)

ちょっと語ってしまって申し訳ありませんでしたが
これからもたくさんの事に感謝しながらキルトのある生活でいたいと思っています。





とにかく、前置きがとてつもなく長くなってしまいました、
ただ今進行中のアイリスのキルトです。
アップリケをし終わりキルトラインを先生に書いて頂いていざキルト!だったのですが、
アップリケの目が大きすぎたため再度アップリケし直しとなっています。

d0153390_4272391.jpg




色、デザイン、カット共、先生にお願いして作って頂いたキットです。
1辺が100cm以上の、私にとって始めての大きなものです。

これをどこに架けようかと考えては、出来上がりがとっても楽しみです!!!
いつかは大きなベッドカバーを作ってみたいと考えていますが
とにかくこのアップリケを終わらせなければ…




(お店の紹介をしたいのですが先生のご承諾を頂いたのちにお店のリンクなどを載せたいと思います)
[PR]
by honeycake54 | 2008-02-08 04:13

イーとパグ

実は2週間ほど前に歯を抜いて、今週まで痛くて動けませんでした。

昨日は抜歯後の歯茎の痛みも落ちついて来たのと
リフレッシュしたい気持ちがいっぱいで、イーと富士サファリパークへ出かけました。
何度も来ているのにサファリパークに来ると私はもう楽しみで仕方ありません!

昨日は赤ちゃんが産まれそうなシマウマちゃんがいました。
それはもう大きなお腹をかかえて、道の真ん中に「ドーン」と立っていました。
私はどうしてもそのシマウマをずっと見ていたくて
車を先に動かそうとするイーに「待って!!!もう少し!」と粘っていましたが
イーも後から続々と来るお客さんに(一頭のシマウマのためだけに)
迷惑がかかるのも嫌みたいだったので泣く泣く先に進みました。
あのシマウマ、赤ちゃんが産まれたのではないかと今も気になっています。

シマウマなどの野生の馬の赤ちゃんは、生後すぐ歩いたり走ったりするんですよね。
生後は他の捕食者に狙われやすいため、彼らは自分の身を守るために
へその緒が付いた状態で早くも楽しそうに走ります。
昨日もそんな姿を実際に見れたかも(?)しれませんが
サファリパークなのでもしかしたらお産の近い動物は囲いの中で
出産するはずだよーとイーに説得されました…。
(そりゃあそうですよね、よく考えれば)


サファリパークは雪が残っていて、私たちは久々に雪合戦なんかしちゃいました070.gif

そして私が一番楽しみにしている「犬の館」へ!!
行かれたことのある方もご存知だと思いますが
ここには小型犬から中型犬まで何十匹のワンちゃんたちがいます。
もう私はいつもこれが楽しみなんです!!

体調を悪くしてから、精神衛生のためにお医者さんに何度か
ペットを飼うのもいいかもしれないよと薦められていましたが
飼うことのできない環境に住んでいるため
ここで人懐こいワンちゃんたちと触れ合えることは私にとって生きがいです。
毎回、いつもこの「犬の館」はとても混雑しているのですが
昨日は雪と寒さのためか全体的にも来園者は少なめで
今回は時間のローテンションを気にすることなくゆっくりと触れ合いを楽しめました。

ワンちゃんたちは大きな館内に放し飼いにされています。
壁に沿って椅子が取り付けてあって、そこに座ると犬が寄ってきます。
無理に触ろうとすると逃げてしまうことに前回気がついたので
今回もいささか「気のないふり」をしてボーと座ると彼らから寄ってきて
膝の上に座ってくれます。このときがたまらないんです!!!
顔を見て鼻をクンクン鳴らしながら「お願い、だっこしてぇ~」という感じで甘えてくるのです!!!

昨日私の膝に乗ってきてくれたのは、ミニダックスフンドでした。
飼育員さんに聞くと、彼女はとっても寒がりで、
ダウンコートなどを着ている「暖かそうな格好をしている人」を見つけると
乗ってきて、ずーっとだっこされているとのことでした。
(なんだぁ、BBのことをスピリチュアル的に気にってくれたと思ってたのにー007.gif
でも可愛いので乗ってきてくれるだけで嬉しいです。
そしてミニダックスをだっこしている私の横に
ちょっと怖がりなビーグル(ビーグルは私のフェバリットドッグです)が
ピタっと静かに寄り添ってくれていました。

イーの膝に乗って来てくれたのは、パグでした。
気が付いたのですが、実は前回もイーの膝にパグが来たのでした。
イーはもちろん喜んでパグちゃんをだっこしていましたが
だんだんその体勢が疲れてきたのか
「ねえBB、まだハグしたい?ちょっと動きたいんだけど…」と言ってきました。
「まだ居たいよ。こんなにだっこできるなんて幸せ」と私。
イーはかなり動きたかったらしく、パグちゃんにごめんねを言いながら
膝から降ろそうとするのですが、パグちゃんはそれを拒否(笑)
降ろされまいと必死に足を踏ん張って抵抗するのです!!
それを見ていたらなんだかすごくパグが可愛くなってしまいました。
前回もイーのところにパグが来たので
イーはパグという犬種ともしかしたら相性がいいのかもしれません。
もしいつか犬を飼うことができるのならイーとペットの事を考えて
パグがいいなぁなんて思いました。

サファリパークはおススメです。
あんな寒い日にあんなに楽しい経験ができて昨日はとても楽しい日でした!!
[PR]
by honeycake54 | 2008-02-03 15:00

中国の餃子事件!

昨夜は眠れずに、結局朝まで起きてしまいました。

毎朝、朝食の支度の後落ち着いてネットやテレビでニュースをチェックするのですが
今日はびっくりしてしまいました。
昨今、色々な問題を起こしている中国製の輸入製品などですが
今まではあまり自分とは関係がないと思っていたからです。

私は毎日イーのお弁当を作って彼に持って行ってもらいます。
冷凍食品は自分があまり好きではなかったためあまり使わないのですが、
時々は冷凍のから揚げや一口サイズのハンバーグなど
イーのお弁当のおかずに使っていました。
彼はチャイニーズも好きなので(よくテイクアウェイしていたそうです)
本当に時々はお弁当用冷凍春巻きなども買ったりしていました。

どうやって毒物があのような形で混入したのか、
なぜ残留農薬ではなくて、あんな致死量に匹敵するほどの毒が入ったのか、
これからしっかり調べていって頂きたいです。
もしも故意であのようなことを行ったとしたのなら
無差別テロと同様に考えてもいいのじゃないかなんて思ってしまいます。
被害に遭われた子供達が早く無事良くなるように祈っています。


世の中とっても便利になりましたが、
私たちはこの便利さのツケを払っているのかなぁ。
この大量生産、消費主義のご時世ですが
地元で安全に収穫されたものを地元で大切に消費するという考えが広まれば
輸送のコストも抑えられるでしょうし、地元の経済活性に繋がると思うのですが…。

一口には言えない問題ですし、家計に直結することですよね。
これだけ私たちの安全が脅かされるのですから
消費者の一人としてただ「安くて便利」だからと言って購入するのは
今後もっと気をつけないといけないなぁと思っています。

やっぱり、スローフードはいいな!って心から思いました。
[PR]
by honeycake54 | 2008-01-31 16:17
こんにちは!バッドバニーのブログにようこそ!
生まれて初めて「ブログ」という世界に飛び込みました。
毎日の主婦業(?)から離れ、ブログを通して色々な方達とお話したり
交流できたら嬉しいなぁと思っています♪

私バッドバニー(以下BBと書かせてくださいネ)について
少し紹介させて頂きます★
BBは静岡県のとある町で生まれ富士山のミネラルウォーターと
美味しい空気に育まれて現在に至ります。
愛するイーと出会い早4年が経ちました。
価値観や考え方の違いはあるものの
お互いを尊敬しながら、はたまた激しいバトルを繰り広げながら
毎日をここ静岡県のとある小さな町で過ごしています。

4年前から、とある病気(体の一部が激しく痛くなる)のため
現在は治療のために励んでいます。
毎日の家事や趣味のこと、イーやお友達との時間を通して
ふと気が付いたことなどを
「徒然なるまま」に書いて行きたいと思いますので宜しくお願いします。
お茶を片手に楽しんで頂けたら幸いです。

それでは改めまして「ようこそお越し下さいました!」
[PR]
by honeycake54 | 2008-01-28 23:33