愛するイー&フレンズとの徒然日記


by honeycake54
みい(ミッシェルのニックネーム←仮に付けている名前です)の写真載せました。

今日は「里親ネット」さんに里親の募集の掲載をさせて頂きました。

d0153390_16143787.jpg

[PR]
# by honeycake54 | 2008-10-02 16:11 | プロフィール

迷い猫

ブログの更新をすっかり忘れていてもう半年になってしまいました008.gif

この半年間、特にビッグチェンジは無く、主婦業に専念していました。
季節の移り変わるのは早いものです。
あっという間に、私の大好きな紅葉とサンマの季節になっていました。

大きなイベントも何回かあったのですが
(イーのお父さんイングランドから来日等)
変化も無くただ普通に過しています。
歯と顎の疼痛も相変わらずですが何とかその日一日を充実して過せるように
楽しくやり過しています001.gif001.gif

今回ブログ更新を私に思い出させたもの、
それはホームレス猫との出会いです。

9月25日の夜、アパートの前でお腹を空かせて弱りきった子猫を見つけました。
かなり弱っていて、お腹を空かしているだろうと思って
そのときちょうど持っていたビスケットを与えました。
(その場しのぎでも、お腹いっぱいになって欲しかったんです)
ビスケットをウーウー唸って怒りながら、
「これはあたしの!!誰にもあげないから!!」みたいな感じで丸呑みしてたいらげました。
かなりお腹が空いていたんだと思います。
痩せこけて寒そうで可愛そうだったので一先ず保護して
暖めてその日を過ごさせました。

始めはオシッコだと思ったのですが、初めて出たウンチ、
真っ黒い水のようなウンチでした。
そして混じっていたのは消化しきれなかった虫と雑草でした。
きっと産まれてから乳離れする間、こうして虫や雑草を採って
お腹を満たしていたに違いありません!!!007.gif
いたたまれない気持ちになって涙が出ました。

野良に戻そうと考えて
その後何日間の間は、元いた場所に戻しましたが
何分かすると戻ってきてしまいます。

獣医さんにも見せて寄生虫がいないか検査してもらい
(オシリに棒を入れられてビクっとしていました012.gif
健康の状態も良く、歯と歯茎の状態もしっかりしているとの事で安心しました。
性別は女の子、生後おそらく三ヶ月ほどという事でした。

「よく、三ヶ月も頑張って生きてきたネ!!!!」


って、なでなでして褒めてあげました。


イーと相談した結果、私達にできることは何でも努力してやってあげよう、
里親を探してあげようという結論になりました。
それから子猫用のドライフードを買い、トイレもディスカウントショップで買って用意して
トイレのしつけもちゃんとできました!
猫って綺麗好きだからトイレのしつけって簡単なんです!

来週、予防接種の注射の予約も取りつけて、
里親さん探しに奮闘してます。


今日は市役所に行って、掲示板に写真を貼ってもらいに行ってきました。
いい里親さんが見つかるといいのですが、
もし見つからなかったら・・・という事も考えなくてはいけません。
六ヶ月したら体格も大人になってくるらしいので
避妊手術もちゃんとしてあげないとなりません。
この子のような、野良で生きていく事を余儀なくされて産まれてくる
不幸な猫を一匹でも減らしたいと考えています。

里親になって頂ける方を心から歓迎しています。
市役所の係りの方に、もし里親が見つからない時は
保健所で処分することになると言われました。
そうなる事も覚悟の上に、この子と関わらなくてはいけないと思っています。
ホームレスで産まれて来たペット、またそうなってしまったペットは、
暑さ・寒さにさらされて、餓え、交通事故の危険性、
縄張り争いなどの喧嘩からの病気の感染、
色々なリスクがありながら「一人」で生きて行かなければいけません。

私達には守ってくれる家族や環境がありますが
ホームレスのペットは全て自分の力で生きて行かなければならないんですよね。

明日は、動物愛護協会にも問い合わせしたいと思います。
[PR]
# by honeycake54 | 2008-10-01 17:01 | プロフィール
原因不明の痛みで4年が経ちました。
右上の親不知の抜歯から始まったこの闘いですが、説明が長くなるので経緯は省きます。

20日の祝日、朝から最悪でした。
右上6番の抜歯後から2ヶ月近く経っていますが
歯茎の痛み、目の下、右の顎の付け根から耳にかけて激痛で今も続いています。
20日は祝日ということもあり、かかりつけの歯科医に電話をしましたが休診です。
痛み止めはロキソニンという薬を服用していましたが
20日は空腹時を避けて飲んだにも関わらず嘔吐。
痛みでよく覚えていないのですが、ネットで調べて5件以上は
休日診療の病院に電話をかけたと思います。
そして友人の看護師に聞いてここなら可能性があるんではないかという病院を見つけ
イーに運転してもらい行ったのですが内科ということで
(予想はしていたのですが)歯科、口腔外科ではないので何も施せませんと言われ、
痛み止めを一日分処方してもらって帰ってきました。
車の中で嘔吐を繰り返していたのだけ覚えています泣。
内科と分かって行ったのでもうそれは自業自得ですが
痛くて半ばパニックを起こしつつあったので、即効性のある点滴か注射が欲しかったのですが
もうこれは耐えるしかないのですね…。苦しいです。

今日は平日なので朝早くからイーに付き添ってもらって歯医者さんに行き、
痛い部分に麻酔の注射をしてもらいました。
主治医の先生も、なぜこんなに痛いのだろうと真剣に考えて下さるので
いつも痛い痛いと言っている自分にも、自分で嫌になってしまいます。
今日は主治医に静岡県立がんセンターさんへの紹介状も書いて頂いたため
月曜日を待って(月曜日まで精神的に耐えなければなりません!)行ってきます。

今日の歯医者さんでの処置は麻酔なので
結局は2時間くらいの効果だよと言われていましたが、
たった2時間でも痛みから解放されたいと切に願ったのでした。

でもだんだんと麻酔が切れていくにつれ
また痛みに襲われるのが怖くて怖くて、
タウンページを開いて近所の針灸クリニックに電話して行ってみました。
生まれて初めて、顔面に針をしてもらって、
しかもその針先にもぐさを付けて火を付けるのですごく怖かったのですが
藁をも掴む気持ちのため、痛みを緩和できるなら今は何でもできます。
これを書いている今、根本的な痛みは取れてはいないのですが
施術中、色々と針灸のお話も聞けたし、冷え性がいかに体に悪いかや、暖めることの大切さ、
痛みに対して東洋医学的にどんな考えをすればいいのかなどを教えてもらえたので
鍼灸師さんには本当に感謝していますし試してみる価値はあったと思います。
「気」を養うといういいことが聞けて、それだけでも収穫だと思います。

これを書いている今、ボルタレンという強い薬を飲んでいます。
こうやってブログを更新できるので痛みがちょっと引いてるとは思いますが
鈍痛は変わりません。
また明日、朝から痛みで始まると思うと気が重いですが
耐え忍ばなくてはなりません!

私は、今、お金も何も要りません。
高級なバッグも、車も、いい服も、何も要りません。
ただこの痛みがなくなれば、それだけで私は幸せです。
(これは疼痛に苦しむ人の一番の思いではないでしょうか)

自分が一番怖いのは、この肉体的なダメージが重なって
精神的にもダメージが及ぶことです。
それだけは避けたいと思っています。

私の好きな言葉で
「(愛は)すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える」
(コリント 13章7節)
という言葉があります。明日も耐え忍ぶ力が欲しいです。

今回はこれ以上書くとすごーく重たくなりそうなのでもう寝ます。
[PR]
# by honeycake54 | 2008-03-22 00:28 | 疼痛

ポジティブに考える

子供の頃から、ただ何となく神様っているんだろうと思ってきましたが
ここ何年かでその思いが確信に変わりました。

クリスチャン系の短大を卒業したこともあり、
キリスト系に触れる機会が何度もありましたが
学生の時にはそれほど強い関心はありませんでした。
(けれど否定もしていませんでした)


それから色々なことがあり(一言では書ききれません!)
体調を崩して親元に戻ることになりました。
今思うと、親元に戻ったことも、単に「戻った」訳ではなく
何かの導きというか、運命的にそうなったのだと思っています。

ある夜、本当にみじめな気持ちで車を運転していた帰り道のこと。
赤信号で止まっていたら、ふと教会の看板を見つけました。
今思うと、きっと「あなたには必要なことだから来なさい」という
見えない働きがあったんだと思います070.gif
すぐにペンとメモ用紙を取り出して電話番号を書き留めたのを覚えています。
そして私はその教会に行くようになり、神様について学ぶ機会をいただき
たくさんの素晴らしい人たちとも出会いました。


親元に帰るまでは、職場近くの教会に行ったりしたこともあったのですが
その時点では自分の中での確信
(核心とでも言えるのでしょうか)を掴むことはありませんでした。
きっとまだその時期ではなかったのかもしれません。
でも今まで自分で理解していなかっただけで、
私はずっと導かれてきたのだと心から思っています。
耐えて忍ぶことの辛さ、でもそれを乗り越えた時の嬉しさ、
そしてまたくる痛みと不快感・・・の繰り返しですが
痛いとき、辛いときにどうしたら心の安らぎが得られるかを知りました。

痛い→落ち込む→もっと痛い→休む→納まる→痛い・・・
のサイクルを繰り返していたのですが、

痛い→でも「耐えて未来への希望を持ってみる」→休む→納まる→(また)痛い・・・

といった感じで、この「希望を持つ」というプロセスが加わったことはとても大きいのです!!


時には一人ぼっちに感じても(痛みは本当に孤独ですから・・・)
「でも私には神様がいるから頑張ろう。いつも通り耐え忍ぼう」と思える、
恵みというのでしょうか、言葉ではうまく説明できないのですが、
一瞬でも自分が前向きになる気持ちを持たせてもらえること、
このプロセスを痛みの生活に取り入れられた事はB.B.にとって幸せなんだと思います。
(もちろん痛みのない生活の方がいいです!!!!!)

そして今は、こう思える事が信じる事の一番ポジティブな側面だと思っています。

とにかく、理屈っぽくて長くなってしまいましたが
自分の信条をここで書いた方が
一番の自己紹介になるのではないかと思いまして書かせてもらいました!
でも、これは信条や宗教のことなので008.gif
ご興味の無い方はぜひ飛ばしてください、お願いします。

さて、夕飯の準備を始めることにします060.gif
皆さんに明日もよい事がありますように!056.gif

ではでは読んでいただいてありがとうございました!
[PR]
# by honeycake54 | 2008-02-21 15:44 | 安らぎ
02/15: 《愛を誓う日》
[PR]
# by honeycake54 | 2008-02-19 14:19 | お料理